尊皇倒幕

 

 

以前集めた資料の中にこんなものがあった。

 

------------------------------------------

 

征韓論(西郷隆盛 VS 大久保利通・岩倉具視)

 

一般的に言われているのは、西郷隆盛が没落した不平士族を救う為に活路を外に求めて朝鮮を武力で征伐しようとしたが、大久保利通や岩倉具視に反対され敗れたというもの。

 

しかし、これはどうも違うらしい。

 

日本は江戸時代に鎖国をしていたが、朝鮮とオランダだけは国交を保っていた。

 

明治元年、明治政府は朝鮮に使節を派遣し、新政府の樹立と友好親善の国書を提出。しかし朝鮮はこの国書の受理を拒否。(国書の受理を拒否するということは国交断絶、敵対行為を意味する)

 

これに対し明治政府は交渉を続けるが、朝鮮は日本の使節に対して愚弄、侮蔑を繰り返す。明治6年、朝鮮は釜山にある大日本公館の門前に、日本は「無法の国」と記する文書を掲示。この事件により、日本国内で遂に征韓論が起こる。

 

これは日本へ対する敵対行為であるから我が国が戦争に訴えてよい大義名分となると外務卿の副島種臣が断言。この問題が閣議に上がったときに、参議の板垣退助は釜山への出兵を主張し、他の参議のほとんどがこれに賛成。

 

しかし、西郷隆盛はこれに異議を唱えた。責任ある全権大使が朝鮮へ行き、礼を尽くして朝鮮政府を説得し反省させるべきで、それでも我が使節を侮辱したり殺害した場合には公然と罪を問い征伐すべきであるとして、自分を大使に任命して欲しいと申し出た。よって、西郷隆盛は『征韓論者』ではなく『遣韓論者』であると最近では言われている。

 

---------------------------------------

 

西郷隆盛は『征韓論者』ではなく『遣韓論者』であるというのは葦津珍彦先生が「永遠の維新者」で明らかにされ長く発言し続けられたことである。ここ10年だろうか、この手の記事が散見されるようになったのは嬉しいが、未だ多くの若者が「南洲翁遺訓」を読むに至っていないのは誠に残念なことだ。「南洲翁遺訓」は学びの初めから人生の最後の日まで読むに値する書である。

 

ところで、

 

「明治政府は交渉を続けるが、朝鮮は日本の使節に対して愚弄、侮蔑を繰り返す。明治6年、朝鮮は釜山にある大日本公館の門前に、日本は「無法の国」と記する文書を掲示。この事件により、日本国内で遂に征韓論が起こる。」

とある。

 

今の道義を忘れた日本人は知らぬが、日本に対するプライドを持つ人間なら、祖国を卑しめられたら、卑しめた国を打つべきだというのは独立国家の国民なら当然の反応である。

 

今の朝鮮の姿勢はこの明治初めの朝鮮と同じである。愚弄侮蔑を続ける朝鮮を巡り「征韓論」が起き、その朝鮮を巡り日本と清国が戦うまで21年であった。いずれ戦後日本も朝鮮により自らの独立を脅かされ立ち行かぬ事態に陥る。その時に問題となるのはやはり支那だ。

 

単なる嫌韓ではこの事態は乗り越えられない。現在の外務省及び政府の方針でも出来ないのは火を見るよりも明らかだ。戦後体制と江戸幕府の鎖国体制は同じなのだ。単なる攘夷(韓国打つべし)では対応できない。支那との戦争を見据えた日本建設に突入しなければならない。尊皇倒幕である。尊皇とは日本の根源(國體)に返ること。維新とは自らの根源への回帰による創造と破壊である。

国家とは何か。己とは何か。真実の我と信実の日本の自覚抜きに韓国・北朝鮮・支那を巡る問題は解決出来ない。明治維新は江戸時代270年に心血を注いで日本の國體実現を求め続けた心ある者達の総決算である。江戸幕府は朱子学を学問の基本としたが、朱子学は物事の本質・本末を明らかにする学問である。日本で本末を正せば、当然、忠誠を誓うのは將軍や君主ではなく天皇となる。守るべきは幕藩体制ではなく國體となる。従って倒幕に行き着くのは必然であった。

 

江戸時代の尊皇の土台は水戸学である。その上に明治維新は成立している。戦後70年。戦後日本に水戸学は生まれたか。國體への回帰による眞日本建設。我々日本国民にとってこれほど急がねばならぬ課題はない。