<< 久しぶりの街宣でした | main | 尖閣は中国に盗られた、中国の次の標的は沖縄だ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
東亜同文書院の「立街卜痢廚砲弔い
かつて上海にあって、支那を西洋列強の毒牙より保全し、支那の再興を計り、以て東亜の解放を目指した東亜同文書院。この書院には「立街卜痢廚ありました。「山洲根津先生傳」を読んでいたら以下の記事がありました。これが「立街卜痢廚料簡犬どうか解りません。ご存知の方がいられたら教えて下さい。

また以下に掲載した記事は全て私が書き写したものです。自分で自分の書いた文章の誤りを正すのは中々困難です。どなたか校正をしてもらえませんか。原文の画像は近日中に添付します。

また私の漢文の能力では全文を日本語に訳することに自信がありません。漢文のできる方がおられましたら日訳をご協力戴けませんか。自分ができなくても彼なら漢文ができるという方をご存知でしたら紹介して下さい。そうして戴けると真に助かります。



東亜同文書院「立街卜痢
−「山洲根津先生傳」− 88頁


叉其の立街卜里貌く、

徳橿經。據聖經賢傳而施之。智育爲緯。特授中國學生以日本言語文章。泰西百科實用之學。日本學生。以中英言語文章。及中外制度律令商工務之要。所期在乎各自通達強立。成國家有用之士。當世必需之才。

國家有用之士。要明至誠報國之大義。通利用厚生之實務。當世必需之才。要審四海萬邦之形勢。諳救世濟時之術策。二者一而不二。二而不一。是本書院之所以徳橿經智育爲緯。以組織立廓傾北槎蕁3枯糸柑融辧8点萓燦所以修身齊家平天下之法也。傳所謂本諸身徴諸庶民。百世以俟聖人而不惑者。實存乎此矣。徳廓桂棔F師槐係察G得而加焉。然自西學之入我邦也。學者往往束之高閣。而不復講。有識之士。深以爲憾焉。故本書院。首設經學之科。講明先聖先儒之大道。以爲窮理正心修己治人之本。所要於中國。莫切於文明利器。所闕於華人。莫甚於泰西科學。夫唯泰西科學有闕。是以文明利器不備。夫唯文明不備。是以富國強兵之事不就緒。乃知泰西科學之攻修。爲中國學生所尤宜致心力者也。退而思之。泰西列國。其於科學也。各有短長精麤。苟欲就其長而取其精。宜先曉各國之言語辭文。是豈可勉強於期月之間而得者乎。我邦修西學。三四十年矣。始者取諸荷。其次取諸英與美。叉其次取於法於徳於伊。然専乎彼者。必遺乎此。精於一者。必麤于二。戞々乎其難哉。今則學者概諳列國之言文。聽於其人。觀於其書。就其長者而究之。擢其精者而萃之。垂諸文。以爲後進階梯。而我邦之科學。幾乎大成矣。夫華之與我。幸有同文之惠。華人之學我言辭。與泰西言辭孰難孰易。不較而明矣。今授中國學生以我言語文章。使得師我人。由我書。以學日用百科。則列國之言文不待學。列國之長短不待較。泰西科學之精華。其如指諸掌歟。且夫中日之輯協。中國之凸蕁F本之文事武備。中國之模範也。中國之資於我。而補於彼者極大矣。華人之不得於彼。而有待於我者極多矣。觀光之行。負笈之遊。將共年益進矣。凡華人所須要於我言語文辭者。指不勝屈。本書院以日本言文。加乎實用百科之上者。以此故也。

日本學生。概取諸中學既成之後。故所闕如於此輩。不在乎泰西科學。而在乎中國時務。不在乎歐美之典章文物。而在乎中國之情形民物之動静。顧兩國士民之相阻隔也久矣。彼我相視。殆如秦越肥瘠。今也。東亞時局之危急已(己?)如彼。中日輯協之緊要已(己?)如彼。先覚先憂之志士。依唇齒輔車之義。倡曲突徒薪之説。叉已(己?)如彼。而兩國輿論未定也。衆心未警也。姑息之眠偸安之夢未覚也。所以然者何哉。無他。審中日之情僞東亞之形勢者。寥乎未遍於府縣是己。故本書院之徴學生。博求於各府各縣。而不偏於一方一局。且謀於各府縣。而致公費留學生。待其學業成就。散之於兩國之官郷。一以助經國利民之業。一以講善隣修睦之道。則庶幾兩國之形勢情僞。由是漸通。彼我輯協之端。由是漸開。所謂政治商工之協同。亦由是漸進。而中國富強之基礎。逐就其緒矣。然則爲本書院之學生者。宜爲中日輯協之媒介。爲中國富強之鼓吹。爲東亞經綸之木鐸者也。故本書院。特課此輩以中國言語文章。制度律令商工務之要。以期其精通於中國之情形。當世之要務。若夫泰西理財工藝邦交之術。及各國言語文辭之學。凡有益於東亞時局者。當博求精擇而授之。以補其不逮也。

 本書院立廓傾卜燐蘿〆 切望學者由是而辨至誠報國之大義。識利用厚生之實務。通四海萬邦之形勢。暁救世濟時之術策。以成國家有用之材。當世必需之才。豈不懿哉。


人気ブログランキングへ
| 歴史 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 06:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/220
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH