<< 日本の中道 | main | 中国人曰く、石原は日本を救えない >>
日中が戦ったら日本が勝つ???


 日中が戦ったら日本が勝つ???

最近「尖閣諸島を巡って日中が戦争したら、日本が勝利する」という記事を幾つか見た。

こういう根拠のない記事は珍しくはないが、それでもその度に日本人の現実対応能力のなさに落胆してしまう。「日本が勝つ」ですか。机上の夢物語です。嘗てこんな笑い話があった。大東亜戦争中に海軍がある戦いを想定した机上戦をやった。併し何度やっても勝てない。それで図面から米軍の艦船を減らして勝利したというのである。歴史の反省はこう言う時にすべきもので、日中戦争は日本が勝利するなど歴史の反省を忘れた饒舌に過ぎぬ。

解放軍の戦いは日本とは異なる。作戦の組み立て方も違う。それがない。自衛隊が戦える為の法律、自衛隊員の実践能力、弾薬・食料の備蓄と補給、マスコミの動き、国民の感情の行方等々。何も考えられていない。日本勝利論の根拠は数字であり、日本の能力が100%発揮さり(れ)ることを前提としたもの。戦争は相手がある。自らの力が100%発揮されることはない。それを発揮させない事情が国の内外にある。誰が最も痛手を被る正面からの武力戦を安直にやるものか。実際には日本の弱みにつけ込み、日本の力を殺ぐ戦いがなされる中で戦争は行われるのだ。その戦いは平時にも行われている。今現在行われているのである。

日本が中国に100%の力を出させないもっとも大きな手段は沖縄駐留の米軍であるが、その沖縄駐留米軍の力を発揮させる為に日本は何を努力して来たのか。「米軍出て行け」の反戦運動すら止められない。日本防衛、沖縄防衛に大きな力を発揮する画期的な飛行機であるオスプレイの配備阻止に何も対処できない。日本勝利論は空論である。言葉の遊びで戦争をするな。中国軍は被害の少ない方法でやるに決まっているではないか。今戦争をしないのはまだ準備が整っていないだけの話だ。

では今すぐ戦争はやる能力と意思が中国にはないのか。そんなことがあるものか。中国の内政・外交は戦いを前提にしている。

尖閣諸島に関してアメリカは国防省と国務省では意見が分かれている。そしてアメリカは民意に弱い。中国はその弱さを突く為に既にアメリカの政界工作にも民意誘導にも長期間取り組んでおり、毎年相当額をつぎ込んできた。今日のアメリカで主要紙が中国の代弁記事を掲載するに至ったマスコミの状況は計画的に作り出されたものだ。政界工作も進んでおり、親日派は衰退し、日本の主張がそのまま通ることなど全くないと言ってもよいのではないか。

尖閣諸島を中国が占領する場合、今までの状況ならば、最初は多くの人間が危惧してきたように、純粋な民間人と民間人を装った解放軍による尖閣諸島上陸に伴う邦人保護名目でする中国軍艦の派遣と駐留ではなかろうか。日本の海上保安庁に一万人が乗り込む民間船千隻を全て沈没させる意思はない。大臣にも総理にも、政党にも、自衛隊に命令して千隻の中国漁船を全滅させ一万の中国人を溺死させる決断はできない。そして、中国は第一陣が全滅しても第2陣を送れるし、失敗しても世界の世論は中国優位に進む。中国人の尖閣上陸が日本にとって不法な上陸であり、侵略行為であっても、日本が中国人数千人を殺したとなればアメリカの世論は一気に日本離れを起こす。それではアメリカ政府は中国の侵略行為を知りつつも黙認するしかない。

アメリカでロビー活動をやり、マスコミや大学に入り込み世論誘導を行っている中国が、スパイ防止法のない日本で官民への工作を行っていない筈があるまい。やりたい放題やっていると考えない者がいたら馬鹿者だ。戦後何十年もアメリカ・ソ連・中国と次々と洗脳された今の日本は、中国人千人が死んだり、上陸した時点でお手上げである。世論は「たかだか小さい島一つで殺し合いをするな」の大合唱となり、「自衛隊は人殺し」として訴えられ、戦争は憲法違反だと戦いは即時停止せよの訴えが日本全国全ての裁判所で起こり、全ての自治体で「戦争はイヤだ。死にたくない」の平和主義による「非戦」決議可決の為の狂気的行動が行われるだろう。

それを見たアメリカの国防省は敢えて日米同盟による戦争介入を決断するだろうか。精々中国側の主張をある程度認めた仲介で停戦に導くしかない。それは中国の思うつぼである。中国はそれが出来なければ日本の民間船舶を拿捕すれば良い。或いは太平洋に機雷を浮かばせる。日本近海の太平洋の海流の流れは既に河野洋平が正式に許可して中国は全部把握済みである。太平洋に機雷を仕掛けられた日本の民間船は動けなくなるす。さてその場合日本の備蓄石油、食料は1年もてますか。既に中国は色んな手を打っているのです。中国の「国防動員法」は中国国内の進出企業に協力を義務づけています。日本に進出した中国企業に協力を義務づけています。中国は日本が戦えない為の準備と工作を今までずっと実行してきたのです。「戦わずして勝つは」中国の孫子の教えです。

現在の時点で日本が何を成すべきかはそれは既に「日本の中道」として書きました。尖閣諸島に自衛隊を駐留させ、尖閣を総力で守る。戦争も覚悟する。それ以外にありません。それが戦争を避ける唯一の方法である。日本の選択肢は、中国の尖閣侵略を黙認し、沖縄を奪われ、全土を支配下に置かれれることを認めるか、戦争を覚悟するかのどちらかしかない。戦うも戦わざるも地獄だ。

言っておくが、事此処に至ったのは、自民党政権を含む政治の長年の無知・無為・無策が原因である。癌は外務省である。下手をすれば日中間に密約があることすら疑われる。それほど外務省は諂い、日本の正義を守る堂々とした姿勢が些かも感じられない。外務省が先頭に立って、中国の如く40年間継続的に、尖閣諸島が日本の主権下にあることを世界に示す為の努力をしてきたならば、このような状況に陥らずにすんだのである。

世界に向かい堂々と自らの正義を主張し実現する信念もなく、努力もしてこなかった日本が、戦争に勝利出来るほど国際政治は甘くない。国際化とは世界に屈することでも、国境を消し去ることでもない。自己の正義を世界規模で考え主張し、正義と正義が摩擦し火花を散らす中で、自己実現の具体的方策を見い出すことだ。その中にしか互恵平等の世界を作り出す道はない。世界の現実を知らぬ日本に中国との戦争に勝つ力はない。

人気ブログランキングへ
| - | 23:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 23:38 | - | - | pookmark |
コメント
おっしゃる通りです。シナ人の悪知恵はたいしたものです。シナ人は息が長い。彼らは50年100年というスパンで勝負します。ジワジワと相手を骨抜きにするんですね。(そういえば、シナには凌遅刑という数日間かけて殺すという刑があります。)ですから、「戦わずして勝つ」が可能になります。

日本人にとって、勝負とは数分で決まります。相撲、柔道、剣道などがそうです。つまり、彼ら(敵)と日本人との「勝負観」があまりにも違います。だから、多くの日本人は、仕掛けられた長期間に亘る「見えない戦争」に気が付きません。

「戦わずして勝つ」の裏面は「殺さずして殺す」です。私は日本列島に住んでいる日本国籍を持った人たちを、便宜上「日本人」と呼んでいますが、もはや本当の意味で日本人と呼べる日本人は、ほとんど絶滅しています。ということは、日本人はとっくに殺さずして殺されているのです。

さらに、日本の食糧自給率が4割を切っていますが、そのうち、シナはアメリカと結託して日本への食糧の輸出を止めると思います。これこそ、極めつけの「殺さずして殺す」です。敵は笑いが止まらないでしょうね!


「自民党政権を含む政治の長年の無知・無為・無策が原因である。癌は外務省である。」

そうです。植民地のお仕事は「国を売ること」ですので、必然的にそうなります。そして、「国を売ること」をとりまとめる人たち(官僚や政治家など)には、たんまりと宗主国からご褒美が頂けるというわけです。これで、日本支配は安泰というものです。

馬場さん、下の動画を是非ご覧下さい。これを見ると、なぜ大陸の人間があんなにも逞しいのかが分かります。

http://www.youtube.com/watch?v=hUNiudrumzs&feature=my_favorites&list=FLV4wCrGrd09oxy1Rl8M2y8w
3分30秒
| 大坪明子 | 2012/10/19 4:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/465
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH