<< マスコミの奴隷根性を廃す−日本独立を宣言す | main | イランと北朝鮮のような国からの潜在的脅威に対し核抑止力を保つ。 >>
米ミサイル防衛の「最高機密」 日本守る気ゼロ
 


【防衛オフレコ放談】


米ミサイル防衛の「最高機密」 日本守る気ゼロ


2013.3.24 18:00
(1/5ページ)防衛オフレコ放談

昨年12月、北朝鮮北西部・東倉里の西海衛星発射場から打ち上げられた「人工衛星打ち上げロケット」と称する長距離弾道ミサイル。(共同)

 北朝鮮の弾道ミサイルに対処するため、米国防総省は2017年末までに14基の迎撃ミサイルをアラスカ州に配備する方針を決定した。北朝鮮が米本 土を射程に収める長距離弾道ミサイルを保有することが現実味を帯び、危機感を強めている証しだ。日本国内に2基目となる早期警戒レーダーの配備も決め、に わかに対北朝鮮での防護網強化を加速させているが、日本政府内には「対米不信」ともいえる大きな不安がつきまとっている。

北は米本土を射程

 北朝鮮は昨年12月、長距離弾道ミサイルを発射した。過去に発射したミサイルに比べ、姿勢制御や分離技術を格段に向上。射程は1万キロとみられ、ロサンゼルスなど米西海岸の主要都市を射程内に収めたと指摘されている。

  米軍がアラスカの迎撃ミサイルを増強するのも、このミサイル発射を受けた措置だ。アラスカとカリフォルニアにはすでに30基の迎撃ミサイルを配備している が、北朝鮮の弾道ミサイルと核兵器の開発が「予測よりやや早く進行した」(統合参謀本部)と分析し、警戒感を強めている。


 米政府が、米軍のミサイル防衛(MD)網の強化に踏み切ることは日本にとってもプラスとなるはずだ。

 ところが、日本政府内には懐疑的な見方が広がっている。

 それは不信感のあらわれでもある。

険悪な日米調整

 「あのときはかなり険悪な雰囲気だった」

 政府高官がそう指摘するのは、昨年12月の北朝鮮のミサイル発射に備え、日米両国の担当者が自衛隊と米軍の迎撃態勢について調整したときのことだ。

 ここで昨年12月のミサイル発射の際の日米の迎撃態勢を振り返っておこう。

 海上自衛隊は、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦を沖縄近海に2隻、日本海に1隻配置した。

 一方、米海軍も4隻のイージス艦を投入。ベンフォード、フィッツジェラルド、シャイロー、ジョン・S・マケインだ。


 日本側が不満を抱き、日米調整の場が険悪になったのは、この4隻という数に原因がある。昨年4月の北朝鮮によるミサイル発射に際しては、米海軍は イージス艦を7隻投入していたからだ。3隻も減らした理由を米側に問いただすと、「修理中のイージス艦が多い」とつれない回答だった。

 さらに日本側に不満を抱かせたのは、米イージス艦が展開した海域だ。

 昨年4月には米イージス艦は日本海に2隻、鹿児島県沖に1隻を配置していた。これらはミサイルが日本領土・領海に落下する場合には迎撃にあたる、いわば「日本防護」のためのイージス艦と位置づけられた。

 しかし、昨年12月は状況は一変。米軍の軍事オペレーションは「最高機密」にあたるため、取材では展開された海域の特定は難航を極めたが、複数の政府高官の証言を総合すると概要はつかめた。


日本周辺は皆無

 ポイントは2つある。第1に、昨年4月には配置されていた日本海と鹿児島県沖には米海軍イージス艦は1隻もいなかったということは断言できる。

 では、4隻のイージス艦はどこに展開していたのか。それが第2のポイントで、グアム近傍や太平洋に散っていたようだ。太平洋への配置は、ミサイルがハワイに向かうのを警戒するためにほかならない。

 これをみれば、ミサイルの探知・追尾での情報共有は別にして、迎撃オペレーションに限っていえば、米海軍が米領土の防護しか眼中になかったと指摘せざるを得ない。

 これには米海軍との「一体感」に自信を示してきた海自には落胆する幹部も多かったという。

 ただ、海自内には「米軍の非」ととらえる雰囲気はない。「自分の国は自分で守る」のは自明の理だからだ。弾道ミサイルで自国が攻撃される危険性が高まれば、持てる能力を自国向けにあてるのは当然だ。


 北朝鮮のミサイルによる日本への脅威も格段に高まっている。日本を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)は150〜250発保有しているとされ、ノドンに搭載可能な核の小型化はすでに終えたとの分析もある。

 仮にノドンを連続発射されれば、SM3と航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)ですべて迎撃することはできない。

北の暴言を逆手に

 であれば、日本として何をすべきか。ヒントは北朝鮮が教えてくれている。

 「B52が離陸するグアム島も、原子力潜水艦が出航する日本本土と沖縄も、われわれの打撃圏にあることを忘れてはならない」

 朝鮮人民軍最高司令部報道官は今月21日、こう米国に警告した。この暴言を逆手にとり、グアムも日本本土も沖縄も守るための能力を高めていくことが不可欠といえる。

 その最たるものとして、北朝鮮のミサイル発射施設を攻撃できる「敵基地攻撃能力」があげられる。それを保有することにより、言葉は悪いが、「米軍を日本防護に引きずり込む」(防衛省幹部)ことの実効性も高まるだろう。(半沢尚久)


※寸評

北朝鮮の核ミサイル保有は目の前である。北朝鮮は「火の海にする」とと公言している。第一撃で何十万という国民の生命が失われかねない事態に遭遇しているのだ。最早日本国民も政治家も「憲法を守るのか」「国民の生命を守るのか」の二者択一を迫られていることを理解せねばならない。



人気ブログランキングへ
| - | 08:14 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 08:14 | - | - | pookmark |
コメント
皇室や糸屋ゆかりの大根焚と粕汁
  
糸屋とは元号でも有
    尺木簡・葛野髪飾・六国史・ハムラビ法典・聖書・コーラン・
    ジュネーブ条約・葛野藩.家訓律令・法度等から
    皇室典範等に依り各国に法が有


93年初夏頃に糸屋が神武様から16枚八重菊と共に個人相続した隅切角ニ鷹羽の御紋を勝手に盗呪った色留袖を
京都の最老舗商社.東京支店の社員たちに製作させ
娘の結婚の様子を伝るTV画像を通て夫婦で立礼平伏しない姿を見付た

両親の離婚・養子を含む最低6親等の親子関係や軍歴に移民と民族・身分や
日本式など民族名(苗字・名前)・著作名・芸名・中間名(ミドルネーム)を名乗る者は出身地の本名を自白する事を

国際会議や府省庁会議やILO・ユネスコ・国際赤十字委員会・オリンピックなど
国際機関・委員会などの国内会議で知っていて当り前の
外務省職員S.7/東大卒/通称.糞便の真相を100条委員会で追及する活動をしませんか。



横田めぐみが帰国した翌年から偉大なる馬の骨様(金日正)等と来日し両親・拉致家族と共に

こどもおじばがえりで行幸された数カ国の大里(12ヶ国10数人)と2人の内裏(内親王皇后)と長王子と

天皇・太子・親王・内親王と王・王子や

外国々家代表(提督・大統領ナド)政府代表(首相ナド行政長官)等や在日大使館・武官に在日米軍・GHQ司令官等と

ILO、ユネスコ、国際赤十字委員会、ノーベル等の国際機関・委員会に女子体操団体個人オリンピック・メダリストや

PLO・IRA・国際アグネスティー等や指定暴力団代表・家族に仏教系巨大新興宗教3代会長等と
日本の陸軍・海軍の歴史に無い中尉任官を騙る政治家等が土持ひのきしんや

昭和48年頃から55年頃まで(USA)アカデミー、ウィーン少年合唱団、ボルショイ・バレー団、等が
脚本・音楽・演出等の知的財産権の確認を行っていた子供ミュージカル等に参加し

禁門変や鳥羽・伏見変、等からの伝統で(女性兵役ノ無イ国モ)特別徴集し国籍の有る国に召集した
国際通信会社や放送会社・新聞会社と東京(日本)支局代表など記者が司令官と共に伝統と最新の取材し配信を行う事を知った上で
第38母屋に宿泊し96年晩秋頃まで定宿にしていたのを御存知ですか。

コンビニの店先や建設現場で硬貨を洗う姿を見掛た事が有ませんか。

=民族を明にしない国は極少数の筈です=
| 関東取締出役 | 2013/04/03 4:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/495
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH