<< 日本軍「慰安婦」問題 決議案 米下院通過へ | main | 韓国が危ない! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲…地裁
平成18年09月23日
これほど馬鹿な判決が出るとは呆れはてたものである。この裁判長は人間として日本人として大丈夫なのだろうか。判決を見る限り、この裁判長は、人とは何なのか、人間社会とは、国家とは、教育とは、教職員とは何か、呆れるほどに知らない。これでは裁判官には法律を学ぶ以前に、人間としての常識(戦後社会の常識ではない)から勉強してもらわなくてはならないようだ。

国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲…地裁
 「日の丸裁判」で勝訴し、会見する尾山弁護士(中央)ら(東京・千代田区で) 東京都教育委員会が、入学式や卒業式で教職員が国旗に向かって起立し国歌斉唱するよう通達したのに対し、都立学校の教職員ら401人が都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。
難波孝一裁判長は、「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」との違憲判断を示し、教職員に起立や国歌斉唱の義務はなく、処分もできないとする判決を言い渡しふた。また、慰謝料として1人当たり3万円の賠償を都に命じた。

 都側は控訴する方針。

 判決によると、都教委は2003年10月23日、都立学校の各校長に対し、入学式や卒業式などで国旗の掲揚と国歌の斉唱を適正に実施し、教職員が校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問うとする通達を出した。
この通達後、式典で起立などをしなかったことを理由に、延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。
 判決はまず、「日の丸」や「君が代」について、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられ、国旗、国歌と規定された現在でも、国民の間で中立的な価値が認められたとは言えない」と判断。「教職員に一律に、国歌斉唱などの義務を課すことは、思想・良心の自由の制約になる」と述べた。
 その上で、判決は、〈1〉通達は各学校の裁量を認める余地がない一義的な内容になっている〈2〉都教委は、職務命令に違反した教職員に対し、違反回数に応じて減給や停職などの懲戒処分を行っている――ことなどから、「通達や都教委の指導は、教育の自主性を侵害する上、一方的な理論や観念を生徒に教え込むよう教職員に強制するに等しい」と述べ、教育基本法や憲法に違反すると結論付けた。
 また、不起立などを理由にした処分についても、「都教委の裁量権の乱用にあたる」と述べた。
 一方で、判決は、国旗掲揚や国歌斉唱について、「生徒が日本人としての自覚を養い、将来、国際社会で信頼されるために、国旗国歌を尊重する態度を育てることは重要で、式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることは有意義」と認め、「教職員は国旗掲揚、国歌斉唱に関する指導を行う義務を負い、妨害行為や生徒に起立などの拒否をあおることは許されない」とした。
 ただ、教職員個人が起立を拒否しても、「式典の妨害や国旗国歌を尊重する態度を育てる教育目標を阻害するおそれはない」とし、「懲戒処分をしてまで強制するのは、少数者の思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」と述べた。
この通達後に懲戒処分を受けた教職員のうち、延べ287人が処分の取り消しを求めて、都人事委員会に審査請求している。

中村正彦・都教育長の話「判決内容を詳細に確認して、今後の対応を検討していきたい」

 ◆尾山弁護団長「画期的な判決」◆
判決後、原告と弁護団は東京・霞が関の弁護士会館で報告集会を行った。
 尾山宏弁護団長が「精神的自由にかかわる判決としては画期的で、教育のあり方が問われる裁判として最も優れたものの一つだ」と報告すると、原告や支持者ら約400人が拍手で応じた。
 原告の一人で、入学式と卒業式で起立せず戒告などの処分を受けた都立高校教諭、川村佐和さん(48)は「東京の高校は自由にものが言えない状態になっている。判決は明るい未来を見せてくれた」と話した。
(2006年9月21日23時29分 読売新聞)


「日の丸」や「君が代」について、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられ、国旗、国歌と規定された現在でも、国民の間で中立的な価値が認められたとは言えない」と判断しているが、これは重大な事実誤認であり、事実とは全く異なるし、国旗国歌というものへの認識も間違っている。
 明治より終戦まで皇国思想や軍国主義思想が一貫かしていたとは中国人や朝鮮人でない限り誰も事実とは認めないであろう。明治の初期に30年で近代化をなしとげた日本への、世界の人々の声を調べていない。そんな事実などない。皇国思想とは一体何か、軍国主義思想とは一体何か。世界が軍事力で日本を取り巻いている中でどうやって日本は生きるべきだったというのか。清国ですら我が国に勝る武力を誇り我が国を武力で圧倒しようとしたではないか。難波孝一裁判長は、過去の日本人の歩みを「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想」に覆われ、日本国民は支配洗脳されていたと言っているに等しい。自らの祖先に対するかかる無礼が許されとでも言うのだろうか。一裁判長に日本の過去の歴史を断罪する資格と権利と能力があるとでも言うのだろうか。僕に思い上がりとしか思えない。
 戦前から終戦後にかけて、日の丸・君が代は国民個々の違いを超えた総意であったことは事実である。正しく国旗・国歌であった。難波孝一裁判長は、国旗国歌を単なる旗や歌と勘違いしていないか。そして歴史を人間が何とでも自由に動かせるものと勘違いしてはいないか。
 「教職員に一律に、国歌斉唱などの義務を課すことは、思想・良心の自由の制約になる」と述べているが、共産主義者など日本国の破戒を意図していた人間以外全ての国民が国旗や国家と認め誇りを持っていたのであり、中国人や韓国人・北朝鮮人ならいざ知らず、君が代日の丸に誇りを持てない教育者というものが教育者であことそのものが批判されるべきである。
 日本国は私達の父母である。父母への尊敬は子供の義務である。父母への批判が許されるのは然るべきだ。だが同時に、或いはそれ以上に父母への尊敬はなくてはならない。国も又然りである。国を愛するは人間自然の心であって、国民の生命の根源たる祖国を敬愛する心を養育する事は教育の根幹でなくてはならない。卒業時などに於ける校歌斉唱や日の丸掲揚、君が代斉唱は、全学生のよって立つ大地への自覚を促すものと言って良い。自己を生かしてくれている存在への自覚と感謝。それががあってこそ初めて人間と言えるのだ。校歌斉唱や日の丸掲揚君が代斉唱は一人前の人間へ成長する学生諸君の入学や卒業の際に行う行事として相応しいものである。
 難波孝一裁判長は日本国民の根本である国家や歴史と国民の関係を把握できていない者であり、裁判官としての資質に疑問がある。
人気ブログランキングへ
| 教育・教科書 | 09:28 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 09:28 | - | - | pookmark |

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH