<< 尊皇倒幕 | main | 甦る我が国の士魂、佐久間勉艇長の殉職 (「西村眞悟の時事通信」より) >>
映画「めぐみへの誓い」の企画を応援しよう

皆さんにお願いです。シェアして下さい。

 

昨日の「救う会・福岡」総会で、映画「めぐみへの誓い」の企画に賛同し応援する。という提案が拍手で可決されましたが、その企画が動き始めています。

 

劇「めぐみへの誓い−奪還−」は全国20箇所で3万人の方が観ました。私は一昨年この福岡講演を観ましたが、迫力ある演劇に涙が止まらず、「絶対に救い出す」という決意を新たにしました。そしてこういう啓発の仕方があるんだと感激もしました。それを映画化するそうです。

 

...

 

もっと多くの方に拉致の真実を知ってもらいたい。そして、涙し、怒り、自分は何らかの行動をしなければならないと感じてもらいたい。

 

皆さんも応援して下さい。


--------------以下引用--------------

 

拉致問題啓発演劇「めぐみへの誓いー奪還ー」の映画化を実現させ、世界にこの北朝鮮による重大で深刻な人権問題を訴え、北朝鮮による拉致被害者と特定失踪者を全員取り戻す事を目的とする民間人による義のプロジェクトです。

 

北朝鮮という危険な無法国家を相手にするのですから、世界中に確かに存在するであろう、自由と平等と平和を愛する勇気ある者たちの集結と協力が必要です。

 

どうか、いいね!ボタンを押して、フォローするボタンも押して、シェアボタンでシェアして、我らが仲間となられんことをお願いします。

 

...

 

やつらが核ミサイルを操るのなら、我らはエンターテイメントを武器としましょう。

もう、偽善者なんていらない。
我らは、助けを求めている人がいたら、迷わず手を差し伸べる世の理不尽にあらがう者。
今日からあなたも、我らの大切なメンバーです。

 

 

PS・・・このサイトをオープンしたのは、本日、2018.3.11。
全く意識していませんでしたが、気が付けば、本日で東日本大震災から7年ですね。
午後2時46分、被災地の方向に、1分間の黙とうを捧げたいと思います。

 

日本を思う気持ちは、亡くなられた方も、生き残った僕らも、拉致被害者も、拉致被害者家族も、みんな同じはず。

 

この日本国は、生きている我々だけのものではないんだ。

 

震災の時、自分たちも被災して家族も失っているのに、救援物資を持っていくと、「ここはもう十分だ。後は、もっと困っている人たちの所に持って行ってあげて下さい。」って、日本人はみんな言うんだ。

 

だから、この拉致問題を日本人なら見て見ぬふりするわけはないんだ。

 

そう、みんな何も知らないだけなんだよ。

 

だって、助けを求めている人に、思わず手を差し伸べるのは、この国では当たり前の事だから。

 

拉致被害者を取り戻す事は、日本人として当たり前の事なんだと思うんだよ。

 

金一族が核ミサイルを使うなら、僕らはエンターテーメントで武装しよう。

 

この「めぐみへの誓い」を映画化することで、世界に散らばっている自由と平等と平和を愛する勇気ある者たちへの狼煙とするために。

 

そんな想いで、このFBページを立ち上げました。

 

この不毛な戦いを、もう何十年も続けている家族がいる。

 

日本に帰りたいと願っている被害者が、あの国には必ず生きているんです。

 

マスコミも映画会社もNHKもプロダクションも政府も、誰もが見捨ててきたのだから、もう我らでやるしかない。署名を何千、何万集めても、誰も動かないのなら、我らが行動を起こすしかないんです。

 

これは、まぎれもなく、自由と平等と平和を愛する勇気ある者たちの拉致被害者奪還作戦。

 

世の理不尽にあらがう者、世界を変えたいと願う者、心ある者の参加を僕は信じたい。

人気ブログランキングへ
| - | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 19:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/714
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH