<< あの日から41年   「ただいま」必ず聞ける | main | 拉致被害者の姿をアニメや動画、文字で、可視化。大賛成です。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
拉致被害者の姿をアニメや動画、文字で、可視化。大賛成です。


拉致被害者の姿をアニメや動画、文字で、可視化する。

 

大賛成です。


「救う会全国協議会ニュース(2019.03.15)」にこういう記事がありました。

-------------------------------

家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談6


■被害者一人ひとりに思いを寄せる活動

 

◆どういう人格を持った人がどうやって拉致されたのか

 

西岡 今島田さんが指摘した対米の働きかけは続けていかねけらばならない課題の一つで、5月に家族会、救う会、拉致議連で訪米することを今検討しています。

 

運動方針についてもう少しだけ説明をします。運動方針の中の「重点項目」を4つ作りました。去年は2つでした。ブルーリボン普及とアニメ「めぐみ」学校上映拡大の2つでしたが、3つ目に「被害者一人ひとりに思いを寄せる活動」を入れました。

 

アニメ「めぐみ」は大変よくできているのですが、例えば熊本でアニメ「めぐみ」だけを見せて中学生に作文を書かせるのはどうか。熊本県には松木薫さんという認定被害者がいるわけです。

 

熊本県議会の拉致議連に呼ばれた時にそんな話をしたら、「議連で松木薫さんのパンフレットを作りましょう」と言ってくれて、熊本県教育委員会に働きかけて、去年「熊本の拉致被害者 松木薫さん」というパンフレットが熊本県発行でできました。これは熊本県庁のホームページからダウンロードできます。アニメ「めぐみ」を見せた後、このパンフレットを活用しています。

 

(※パンフレット「熊本の拉致被害者 松木薫さん」
https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=22341&sub_id=1&flid=131886 )


鳥取県は、漫画を作りました。「県内版拉致問題啓発小冊子」というもので、松本京子さんだけでなく、県内の特定失踪者の話もあります。

 

(鳥取県 県内版拉致問題啓発小冊子
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1154539/shousasshi.pdf )

 

さらにアニメ「めぐみ」も元々は漫画だったのです。「漫画アクション」に連載されたのですが、その後田口八重子さんと耕一郎さんを主人公とした「母が拉致された時僕はまだ1歳だった」というコミックが連載されました。これもよくできていて、今も双葉文庫の文庫本の漫画のコミックとして買うことができます。

 

(「母が拉致された時僕はまだ1歳だった」双葉文庫
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/smp/book/bookview/978-4-575-71349-7/smp.html )

 

埼玉県でアニメ「めぐみ」をやるんだったら、田口さんのことも分かりやすい、こういうものがあるから活用してほしい、と。そしてできれば、それ以外の家族会のメンバーについても、アニメ「めぐみ」のように、拉致される前はどういう生活をしていたのか、その思い出を具体的にして、こういう人格を持った人がこうやって拉致されていって未だに帰ってこられないということが分かるような活動が必要ではないか。

 


◆一人ひとりに人生があった

 

過去に私たちはそういう問題意識で、この東京連続集会でそれぞれの人の思い出を語ってもらうテーマで全員のことをやりました。それを写真パネルにしたら、拉致問題対策本部がいいと言って、政府の拉致問題対策本部が入っているビルの1階に拉致のコーナーがあるんですが、我々が作ったパネルをそこに飾っていただいています。使用料はとっていませんが。

 

それぞれの家族が、それぞれの被害者の思い出を語っているものがあるんですが、年度など修正して新しいものを作れないかということも考えています。そういうものを作って、それぞれの家族、それぞれの被害者の思い出をみんなで共有しよう、と。

 

例えば松木薫さんについては、私も知らなかったのですが、斉藤文代さんから聞いたのですが婚約者がいたんだそうです。松木さんはスペイン語を勉強して、薫さんはよくできるから長崎外国語大学の教授が自分の後継者として採用したい、と。そのためには1年くらいスペインに行って、現地で語学の勉強をしてきてほしいと指導教官に言われたそうです。

 

お父さんは反対した。手元に置いておきたい。その時既に婚約者がいて、彼女は「行ってきて。待っている」と。それが突然連絡が取れなくなった。それでもずっと待っていてくれた。でも何回か周りからお見合いをしてと言われた。「私はどうしたらいいんでしょうか」という話を斉藤さんのところにしてきた。

 

「あなたの気持ちは分かったけど、もうお見合いをしてください」と言って、今は結婚して幸せに暮らしている。「でも帰ってきたら是非会わせてください」とのことで、「会わせるからね」と約束しているそうです。そういう話がこのパンフには出ているんです。

だから松木さんが拉致されなければ、大学の先生になって、その婚約者と結婚して、というような生活があったわけです。そういうものを奪われたというのが拉致なんです。

 

ただ「拉致」という言葉だけでは、国際政治で核問題がどうしたとか、ボルトンがどう言ったとか、トランプがどうしたとなります。それも大切ではありますが、人生を奪われた一人ひとりに人生があったわけです。

 

アニメ「めぐみ」のいいところは、拉致される前のめぐみさんの様子がよく分かるからこそ、ひどいことだと思うわけですが、めぐみさんだけではなくて、一人ひとりに人生があったということを我々は知って、日本中の人々に伝えていく必要があるのではないかと思って、3つ目の重点項目に入れました。

--------------------------------


是非是非これは推進してもらいたい。又、帰国者の実体験の話も漫画化や動画にして欲しい。

 

人気ブログランキングへ
| - | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 10:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/723
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH