<< 君よ立て! 自分の足で立て! 心の怒りを発せよ! | main | 日本の孤立が始まった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
親の意識のない団塊の世代の子どもたち
以下は平成19年3月8日の産経新聞記事である。 
http://www.sankei.co.jp/kyouiku/kosodate/070308/ksd070308000.htm

日本の親は子供に注意せず 日中韓調査で最低

 日本の小学生は中国や韓国に比べて家庭で注意を受ける割合が際立って低いことが7日、財団法人「日本青少年研究所」の調査報告書で分かった。家庭でよく言われる注意事項23項目のうち21項目について3カ国中最下位で、家庭での教育力の低さが浮き彫りになっている。同研究所は「最近の日本の親は、親と子は別個の存在と考える米国型の価値観に変化してきているため、子供に注意をしないのではないか」とみている。


 昨年10〜11月、東京、北京、ソウルの3都市の小学4〜6年生を対象に、各学校で書面形式で生活習慣を調査。計5249人から回答を得た。同研究所によると、同種の調査は初めてという。

 親のしつけに関する設問では、家庭でよく言われる注意事項23項目のうち21項目で、日本の子供は中韓より注意される割合が低かった。特に「先生・親の言うことをよく聞きなさい」とよく言われる子供は2割前後で、両国の半分。先生と親の権威低下がうかがえた。

 「よく勉強すれば、将来いい仕事がある」も17.8%と低く、中国(53.8%)、韓国(41.7%)と対照的。「好き嫌いしないで全部食べなさい」「嘘(うそ)をついてはいけない」「友達と仲良くしなさい」なども大幅に低かった。

 一方、日常的な生活習慣では、毎朝歯磨きをする比率が63.9%、毎朝洗顔するのが66.9%にとどまり、それぞれ中韓より2割下回った。テレビを見ながら食事するのは46.0%と半数弱を占め、いずれも11%台だった中韓の4倍に達し、「ながら食事」の浸透ぶりをうかがわせた。

 友人関係では、親友の有無や友人の数では3カ国とも大差はなかった。だが、「友人の喧嘩(けんか)を止めるか」との質問に、「必ずする」と回答したのは15.9%と中韓より10〜15ポイント低く、「しない」(22.5%)は5〜15ポイント上回った。



 斎藤哲瑯(てつろう)・川村学園女子大教授(教育社会学)の話 親からしつけをきちんと受けていない「団塊の世代ジュニア」が親になり、子供に何を伝えればいいのかが分からなくなっているのではないか。学力は重視するが、人格形成はおろそかになっている。子供のうちにきちんとしつけをしないと、将来の自立を妨げることになりかねない。親だけでなく、社会全体でしつけていく視点も必要だ。

(2007/03/08 02:55)

_________________________________________________________________
〔馬場〕
詳細は日本青少年研究所の、2007年3月発表「小学生の生活習慣に関する調査」−東京・北京・ソウルの3都市の比較ー
http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/2007/tanjyun.pdf
に掲載されている。

全てを見ると少しは落ち着けるが、それにしても子どもたちの意識と親の意識にはとても見過ごすわけにはいかないものがいくつもある。
産経も挙げているが、気になるところでは、(アルファベットは調査表のもの)

「f友達と仲良くしなさい。」
よく言う→11.1%、あまり言わない→74.6%

「m嘘(うそ)をついてはいけない。」
よく言う→20.9%、あまり言わない→52%

「n好き嫌いしないで全部食べなさい。」
よく言う→18.9%、あまり言わない→56%

これらは子どもの生活習慣と言うより親のしつけというべき部分であるが、これを見て日本の親の異常性を感じない訳にはいくまい。親自身に人間としての基本がまるで抜け落ちていることが推察される。

更に興味深いのは各社の記事内容である。
上の記事は産経新聞のものであるが、
読売は
日本の小学生、将来への期待少なめ…日中韓調査で判明
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20070307i117-yol.html
毎日は
<学習意識調査>日本の小学生は中韓より「学ぶ意欲」低い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000099-mai-soci

産経は表を出して主な質問の答えを掲載しているのに比べ、毎日・読売はただ論評しているに過ぎない。この調査に対する報道姿勢と親の子供に対する姿勢とにはどうも戦後の日本人の無気力な一面を感じてならない。
自由や人権というものをはき違えないで欲しい。
人間は人間になるのであって、子どもは最初から完全な人間と考えられるべきではない。文字通り小さい子なのだ。これを大きくし大人にするのは親の役割だ。
もっと子供に対し心を向けて欲しい。
斎藤哲瑯教授の言う、親からしつけをきちんと受けていない「団塊の世代ジュニア」が親になり、子供に何を伝えればいいのかが分からなくなっているのではないか、は私たちにとって痛棒である。
今からでも遅くない。孫のために心を奮い起こそう。親になった我が子を叱ろう。立て団塊の世代よ。声を上げることのできる最後の時間である。この時代を逃せば再び発言する時代はない。
私たちが自分たちのことだけを考えたからこういう時代になったのである。
自分を超えて怒ろう。
それが第一線から身をひく我々の最後の言葉である。
人気ブログランキングへ
| 教育・教科書 | 08:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
| - | 08:59 | - | - | pookmark |
コメント
「親はなくても子は育つ」という言葉が昔からあります。
子供が躾の必要な年齢の頃、両親はちょうど仕事が忙しく子供とコミュニケーションを取ったり時間を割いて子供に思うようにかまってやれないということは、昔からそうだったんじゃないでしょうか。
現在は、よく言われていることですが、祖父母や地域社会と繋がりが薄くなってしまったことと、子供の見るテレビ番組や本やゲームの質の低下が原因ではないでしょうか。
祖父母や地域社会との繋がりがあって、子供の目にするテレビやコミックやゲームの中に心を育てる物がたくさんある社会になれば、親が駄目人間でも、家庭に親がいなくても、立派な人間に育つでしょう。
| | 2007/06/29 7:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yosihisa.jugem.jp/trackback/96
トラックバック

[twitter]馬場よしひさ後援会

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH